ホーム > TOPICS > サイバニクスが切り拓くロボットスーツのある未来 ~重介護ゼロを目指して~

サイバニクスが切り拓くロボットスーツのある未来 ~重介護ゼロを目指して~

ロボットスーツHAL®

平成27年2月14日(土)に大阪医科大学において大阪医科大学訪問看護ステーション開設記念講演会が開催されました。

特別講演として、世界初サイボーグ型ロボットHAL®の開発者である筑波大学教授・サイバニクス研究センター長、CYBERDYNE株式会社 代表取締役社長 山海嘉之先生より「サイバニクスが切り拓くロボットスーツのある未来 ~重介護ゼロを目指して~」と題しての講演があり、サイバニクス技術の創設、HAL®の開発、そしてロボットと共存する未来についてのお話を伺うことができました。

さらに、大阪医科大学附属病院 リハビリテーション科 佐藤友久理学療法士によるロボットスーツHAL®の紹介がありました。

「重介護ゼロを目指して」と題してのシンポジウムが開催され、各分野でのロボットスーツHAL®を活用についている理学療法士の先生方による貴重なご講演がありました。
「急性期病院におけるロボットスーツHAL®の活用」と題し、東京大学医学部附属病院 リハビリテーション部 長谷川真人先生
「回復期病院におけるロボットスーツHAL®の活用」と題し、長崎北病院 総合リハビリテーション部 西本加奈先生
「療養病院におけるロボットスーツHAL®の活用」と題し、京都きづ川病院 リハビリテーション室 中本隆幸先生
「在宅強化型老人保健施設におけるロボットスーツHAL®の活用」と題し、永寿福祉会 介護老人保健施設 永寿ケサセンター 村上新之助先生

株式会社 大阪医大サービスのページトップへ